プロフィール

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城在住限定「ETC2.0プレゼントキャンペーン」、10,000円割引になるキャンペーンも実施中

首都高速道路株式会社は、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城在住でETC車載器未設置の人を対象とした「ETC2.0プレゼントキャンペーン」を実施中、ETC2.0車載器が10,000円割引になるキャンペーンも実施しているようです。

ETC2.0くん PORTAL SITE | ETC2.0プレゼントキャンペーン
http://www.shutoko.jp/ss/etc2portal/present/index.html

ETC2.0車載器プレゼントキャンペーンの締切は2017年
1月31日23:59。
オリジナルグッズの締切は2017年2月28日23:59。
2017shutokoetc1.jpg

ETC2.0車載器は「東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城」在住のETC車載器未設置の方が対象で抽選で10名に。
2017shutokoetc2.jpg
オリジナルグッズは「東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県」在住限定でブランケットなどがそれぞれ200名、合計600名に当たります。

「応募規約に同意する」にチェックして応募するコースのボタンをクリック。
2017shutokoetc3.jpg
氏名、住所等入力しアンケートに答えて応募。

当選発表は「ETC2.0コース/抽選:毎週土曜日23:59までの応募の中から抽選します。発送:当選者様へメールにて当選連絡を差し上げた後、随時発送いたします。
オリジナルグッズコース/当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。(3月中旬頃発送予定)」とのことです。


初めてETC車載器を導入する限定、ETC2.0車載器を店頭販売価格から10,000円(税込)割引で購入できるキャンペーンも実施しているようです。

ETC2.0くん PORTAL SITE | 首都圏ETCキャンペーン
http://www.shutoko.jp/ss/etc2portal/shuto/index.html

キャンペーン期間は2017年3月31日までで先着50,000台。
2017shutokoetc4.jpg

初めてETC車載器を導入する
2017shutokoetc5.jpg
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城のいずれかに所在する「首都圏ETCキャンペーン ETC2.0車載器導入助成取扱店」で、新規に購入・セットアップ・取付けをする人が対象。

取扱店は「取扱店リスト」をクリックして確認できます。
2017shutokoetc6.jpg





人気ブログランキングへ

NEXCO3社が管理する路線の渋滞予測を加味した所要時間や出発時間別の所要時間を検索出来る「ルート検索・料金情報」

NEXCO 西日本の「ルート検索・料金情報」で全国の高速道路のNEXCO3社が管理する路線の渋滞予測を加味した所要時間や出発時間別の所要時間を検索出来るようです。

ルート検索・料金情報 |
http://search.w-nexco.co.jp/

検索ページはこんな感じで
2016nexcowjutai1.jpg
出発ICと到着ICを入力するか地図からICを選択。
2016nexcowjutai2.jpg

カレンダーのアイコンをクリックして日にちを選択。
2016nexcowjutai3.jpg
出発時間を選択して「検索する」と
2016nexcowjutai4.jpg
ルート別の料金や渋滞予測加味と通常の所要時間が表示されます。

各ルートの詳細も見ることができ
2016nexcowjutai5.jpg
渋滞予測箇所のリンクをクリックするとボトルネック箇所や時間帯別渋滞情報を見ることができます。
2016nexcowjutai6.jpg





人気ブログランキングへ

日産自動車の「 #猫バンバンプロジェクト」シーズン2

日産自動車は、2015年から始まった#猫バンバン プロジェクトを今年も実施。ロゴやステッカーデータのダウンロードや応募すると抽選で#猫バンバン マグネット・ステッカーが1万名に当たるようです。

日産:#猫バンバンプロジェクト 猫も人も安心して過ごせる社会のために。
http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

「#猫バンバン」はエンジンルームやタイヤの間に猫が入ったまま車を動かして被害に遭う事故を防ぐプロジェクト。
2016nekobanban1.jpg

2016年2月22日「猫の日」に実施した調査の
2016nekobanban2.jpg
「猫バンバン」した時に猫がいた割合やいた場所、地域別の猫がいた率を見ることができます。

猫バンバン ロゴデータやステッカーデータ、ポスターデータのダウンロードや
2016nekobanban3.jpg
「詳しい応募方法はコチラ」から抽選で1万名に当たる「#猫バンバン マグネットステッカー」に応募できます。
2016nekobanban4.jpg





人気ブログランキングへ

都道府県別の人身事故件数ワースト5交差点が分かる日本損害保険協会の「全国交通事故多発交差点マップ」

日本損害保険協会は、47都道府県別の人身事故件数ワースト5交差点が分かる「全国交通事故多発交差点マップ」を最新の2015年のデータに更新し公開しているようです。

最新の都道府県別危ない交差点ワースト5を発表
~危険な交差点はココだ、高齢者事故のデータも掲載~

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:北沢 利文)では、交差点での交通事故防止・軽減を目的として、9月21日(水)から始まる「秋の全国交通安全運動」に合わせ、全国地方新聞社連合会の協力を得て、当協会ホームページの「全国交通事故多発交差点マップ」を最新の2015年データに更新しました。このマップは、人身事故の50%以上が交差点や交差点付近で発生していることに着目し、2008年から毎年発表しています。

 ホームページでは、47都道府県別の「人身事故件数ワースト5交差点(※)」について、交差点の特徴や事故の状況・要因・予防方策等を写真や地図・イラストで、わかりやすく紹介しています。

日本損害保険協会ニュースリリースより

日本損害保険協会 - SONPO | 防災・防犯・交通安全 - 事故多発交差点(平成27年データ準拠)
http://www.sonpo.or.jp/protection/kousaten/kousatenmap27/

見たい都道府県をドロップダウンから選択すると
2016kousaten1.jpg
事故状況の推移などとともに平成27年(2015年)のワースト5交差点が表示され
2016kousaten2.jpg
東京都のワースト1位は「池袋六ツ又交差点」とのことです。

愛知県のワースト1位は「柳橋交差点」。
2016kousaten3.jpg

大阪府のワースト1位は「東天満交差点」。
2016kousaten4.jpg

交差点名のリンクをクリックすると交差点の住所や形状、被害状況、事故類型別件数などを見ることができ
2016kousaten5.jpg
「交差点での様々な事故をイラスト付き解説で見る」をクリックすると
2016kousaten6.jpg
事故のパターンをイラスト付き解説で見ることができます。

 

 

 



人気ブログランキングへ

「どこにも行かない」は23.2%「【2016年シルバーウィーク】交通事情と渋滞事情がわかるインフォグラフィック」

株式会社ウェブクルーは、2016年シルバーウィークの帰省や旅行に関するアンケートを実施、結果をまとめたインフォグラフィックを公開しているようです。

シルバーウィークの帰省/旅行に関する調査をインフォグラフィック化!2016年は連休を取りづらい!? 海外旅行を予定している人はわずか2.4%
中古車の一括査定依頼サービス「ズバット 車買取比較」(URL:http://www.zba.jp/car-kaitori/ )を運営する株式会社ウェブクルー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤島義琢)は、インターネットアンケートを基に、2016年9月のシルバーウィークにおける帰省/旅行の動向および交通・渋滞事情に関するアンケートを実施し、調査結果をイラストでわかりやすくまとめたインフォグラフィックを公開しました。

株式会社ウェブクルーニュースより

【2016年シルバーウィーク】交通事情と渋滞事情がわかるインフォグラフィック|ズバット 車買取
http://www.zba.jp/car-kaitori/cont/column-20160913/

シルバーウィークの連休は「3連休」が53.5%で最多、過ごし方は「国内旅行」が27.5%。
2016silverweek1.jpg
「どこにもいかない」は23.2%、「海外旅行」は2.4%。

クルマで移動する場合の出発のピークは9月17日、帰宅のピークは9月19日。
2016silverweek2.jpg

ドライバー・同乗者が渋滞で困ることは「トイレに行けない」「自分や同乗者の機嫌が悪くなる」「疲労が蓄積する」などで
2016silverweek3.jpg
ストレス緩和は「同乗者と会話する」がトップですが

同乗者が何気なく放った一言が、ドライバーにさらなるストレスを与えてしまうことも。到着を急かしたところで、渋滞が解消されるわけではありません。ドライバーの機嫌を損ねて車内の雰囲気が悪くならないよう、気をつけたいものです。

とのことです。




人気ブログランキングへ

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»