プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

15種類のカピバラGIFアニメをダウンロード出来るNTTコミュニケーションズの「カピまる安心(*´ω`*)GIF劇場」

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE ホームページの「カピまる安心(*´ω`*)GIF劇場」で15種類のカピバラGIFアニメをダウンロードできるようです。

カピまる安心(*´ω`*)GIF劇場
http://www.ntt.com/personal/lp/p/lp39.html#wp_prsnt

ページを開くとこんな感じで
nttcomkapibara1.jpg
ダウンロード方法は

PCからアクセスしている場合は、表示されたGIFアニメーションを右クリックから保存できます。
スマホからアクセスしている場合は、表示されたGIFアニメーションを長押しすると保存できます。

とのこと。
nttcomkapibara2.jpg

パソコンのGoogle Chromeで「ダウンロード」ボタンをクリックするとGIFアニメーションが表示され、右クリックして「名前を付けて画像を保存」。
nttcomkapibara3.jpg
保存したgifファイルをIEで開くと再生されます。
nttcomkapibara4.jpg

「露天風呂」や
nttcomkapibara5.jpg
「急にどうした」など
nttcomkapibara6.jpg
全15種類のGIFアニメーションをダウンロードできます。




人気ブログランキングへ

醤油を買った若者はニコニコ動画よりYoutube「若者の醤油購買層のライフスタイルを分析」

キッコーマンは、企業各社と共同でビッグデータを用いた「若者の醤油購買層のライフスタイルを分析」を実施し結果を公開。醤油を買った若者はTwitterやインスタ、ニコ動より、FacebookやYoutubeをよく活用しているようです。

~データエクスチェンジコンソーシアムにて、キッコーマン等が複数のビッグデータを用いた分析を実施~ 若者の醤油購買層のライフスタイルを分析
キッコーマン株式会社は、データエクスチェンジコンソーシアム(*1)の分科会活動である顧客トレンドチーム(*2)に参加し、参加企業各社と共同で、「醤油を利用する若者世代のライフスタイル」について、複数のビッグデータの分析を行いました。

キッコーマンニュースリリースより

若者の醤油購買層のライフスタイルを分析
http://www.data-xc.jp/release/dxc20170315.pdf

調査結果のイメージはこんな感じで
kikkomanlifestyle1.jpg
「調査結果の概要」によると
kikkomanlifestyle2.jpg
SNSへの投稿のためちょっとこだわった使い方をしたり、高級ミニアイスをよく買い、TwitterやInstagram、ニコニコ動画より、FacebookやYoutubeをよく活用するとのこと。
kikkomanlifestyle3.jpg
「「醤油」を買う若者は、いつもは質素な食生活でも、外食・旅行や口コミ検索で目は肥えているため、本当は料理にも少しこだわりたい傾向にあると帰結しました。」とのことです。




人気ブログランキングへ

お花見予算No.1は今年も青森県、ウェザーニューズの「2017年お花見調査」

ウェザーニューズは、「2017年お花見調査」を実施、延べ73,332人の回答をまとめた結果を公開しているようです。

ウェザーニューズ、全国7.3万人と実施した『お花見調査』結果を公開
4人に1人はお花見行かない!?花粉や仕事、人ごみ苦手がその理由

〜場所取りは全国平均3.7時間、最も時間をかける岐阜県は6.2時間に〜

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通して『お花見調査』を実施し、その結果を発表しました。延べ73,332人の回答をまとめた結果、花粉症や仕事などを理由にお花見に行かない人は4人に1人となりました。場所取りにかける時間は、全国平均で3.7時間、最も時間をかけるのは岐阜県で6.2時間でした。また、お花見場所への所要時間は全国平均2.1時間、お花見を楽しむ時間は2.0時間で、多くの時間をお花見に費やしていることがわかりました。このように日本人のお花見にかける情熱が表れた一方で、“ゴミを持ち帰らない”マナー違反を見かける人が66%にのぼりました。

Weathernews Inc.ニュースより

お花見調査2017 - ウェザーニュース
https://weathernews.jp/s/topics/201703/150095/

今年お花見に「4人に1人は行く予定なし」。
2017weathernewshanami1.jpg
「お花見に行きたい平均回数」全体の平均は1.4回で、1位は山形県の2.2回、以下佐賀県、秋田県、富山県、高知県とのこと。

「お花見場所への所要時間」1位は北海道。
2017weathernewshanami2.jpg

「お花見の場所取りは何時間前?」
2017weathernewshanami3.jpg
1位は岐阜県6.2時間で「岐阜県はお花見場所への所要時間ランキング3位、お花見を楽しむ時間ランキング5位と他の桜調査でも上位にランクイン。お花見に時間をかける県民性があるのかもしれません。」とのことです。
2017weathernewshanami4.jpg

「お花見にかける予算」1位青森県で「2013年~2015年にウェザーニューズで調査したお花見にかける費用ランキングでも青森県は1位でした。」。
2017weathernewshanami5.jpg

「お花見弁当、何派?」や
2017weathernewshanami6.jpg
「あったら良かったお花見グッズ」
2017weathernewshanami7.jpg
「お花見マナー問題」などの調査結果を見ることができます。




人気ブログランキングへ

ポケモンGO公認、西日本初の観光マップ「天橋立三所詣GOワールドマップ」PDFで無料配布

天橋立観光協会は、ポケモンGO公認の素材提供を受けた西日本初となる観光マップ「天橋立三所詣GOワールドマップ」を作成、PDFで無料配布しているようです。

天橋立巡りでポケモンゲット、京都府が「ポケモンGO」公認ガイドマップ
 京都府観光振興課、宮津市観光交流課と天橋立観光協会は、名勝「天橋立」でスマートフォンゲーム「ポケモンGO」のスポットを巡れるガイドマップ「日本の聖地 天橋立三所詣GO ワールドマップ」の配布を開始した。

 「ポケモンGO(Pokémon GO)」では、現実のモニュメントや寺社などがゲーム内のスポットとして登場する。

 今回のガイドマップでは、名勝「天橋立」や智恩寺、元伊勢籠神社、成相寺を巡る観光ルートにあわせ、ゲーム内の「ポケストップ」や「ジム」を掲載。ゲームを楽しみながら、その地の由来を知ることができる。

ケータイ Watchより

ポケモンGO公認 天橋立三所詣GOワールドマップについて | 「海の京都」天橋立観光ガイドー天橋立観光協会
http://www.amanohashidate.jp/blog/sansyo-go/

「天橋立三所詣GOワールドマップ 表面[PDF]」と「天橋立三所詣GOワールドマップ 中面[PDF]」のリンクからダウンロードでき
pokegoamanohashidate1.jpg
それぞれ開くとこんな感じです。
pokegoamanohashidate2.jpg

pokegoamanohashidate3.jpg

ポケストップやジムの場所を確認でき
pokegoamanohashidate4.jpg
A3二つ折りサイズの公認ガイドマップは「配布部数は2000枚。天橋立駅と元伊勢籠神社内の観光案内所で配布される。」とのことです。




人気ブログランキングへ

日本のPCユーザーにインストールされている「最も危ういプログラムのトップ 10」

フレクセラ・ソフトウェア合同会社は、2016年第4四半期の日本のPCユーザーにインストールされている「最も危ういプログラムのトップ 10」を公開しているようです。

危険度の高いMicrosoft以外のアプリは「iTunes」「Java JRE」「Lhaplus」
 フレクセラ・ソフトウェア合同会社は、インストールされたソフトウェアの脆弱性スキャンを行う「Personal Software Inspector」の2016年第4四半期のデータに基づいた国別の脆弱性調査結果を発表した。

 最新版がインストールされておらず、危険度が高いアプリは「iTunes 12.x」がトップだった。2016年の1年間で検出された脆弱性は29件ながらシェアは42%で、パッチ未適用率も57%と高い。これに次ぐ「Java JRE 1.8.x/8.x」は、脆弱性が39件と多く、シェア43%、パッチ未適用率53%だった。「Lhaplus 1.x」は脆弱性は0件、シェアは26%だったが、パッチ未適用率が63%と高い。

INTERNET Watchより

Personal Software Inspector 国別レポート - 2016 年第 4 四半期
https://media.flexerasoftware.com/documents/Research-SVM-2016Q4-JP.pdf

2016年第4四半期の「「最も危ういプログラムのトップ 10」1位は「Apple iTunes 12.x」。
2016flexera1.jpg
2位「Oracle Java JRE 1.8.x/8.x」
3位「Lhaplus 1.x」
4位「Adobe Reader XI 11.x」
5位「VLC Media Player 2.x」
6位「Adobe Acrobat Reader DC 15.x」
7位「Microsoft Internet Explorer 11.x」
8位「Line 4.x」
9位「Oracle Java JDK 1.8.x/8.x」
10位「Google Picasa 3.x」。

順位は「市場シェアの割合に、パッチが適用されていない割合を乗じた値を基に決定されています。」とのこと。
2016flexera2.jpg

「サポート終了(EOL)プログラムのトップ 10」も発表されていて
2016flexera3.jpg
1位「Adobe Flash Player 23.x」
2位「Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition」
3位「Microsoft XML Core Services (MSXML) 4.x」
4位「Google Chrome 54.x」
5位「Apple QuickTime 7.x」
6位「Google Chrome 53.x」
7位「Mozilla Firefox 49.x」
8位「Oracle Java JRE 1.7.x/7.x」
9位「7-zip 9.x」
10位「Oracle Java JRE 1.6.x/6.x」
とのことです。

 

 

 


人気ブログランキングへ

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»