プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

北日本、東日本、西日本のエリア別予想マップが見られるウェザーニュースの【必見の紅葉見頃予想2017】

ウェザーニュースは、北日本、東日本、西日本のエリア別見頃予想マップが見られる【必見の紅葉見頃予想2017】を公開、もみじといちょうそれぞれ見ることが出来るようです。

【紅葉予想】寒気影響で10月連休は見頃のところも - ウェザーニュース
https://weathernews.jp/s/topics/201710/010205/?fm=tp_index

全国のもみじの見頃予想マップと
2017koyo1.jpg
いちょうの見頃予想マップはこんな感じで
2017koyo2.jpg
「東北の平野部から九州は平年並の見頃に」とのこと。

ページ下部のリンクをクリックして「北日本」「東日本」「西日本」各エリア別の見頃予想を見ることができます。
2017koyo3.jpg

「全国」同様もみじといちょうの見頃予想マップを見ることができ、「北日本」を開くと北海道と
2017koyo4.jpg
東北の見頃予想マップを見ることができます。
2017koyo5.jpg

「東日本」は関東と
2017koyo6.jpg
中部。
2017koyo7.jpg

「西日本」は近畿と
2017koyo8.jpg
中国
2017koyo9.jpg
四国、九州それぞれのもみじといちょうの見頃予想マップと解説を見ることができます。




人気ブログランキングへ

ノートン公開「日本の ”ボットスポット” 分布図」

セキュリティソフト「ノートン」は、マルウェアに感染しボット化したデバイスの都道府県別分布がわかる「日本の ”ボットスポット” 分布図」を公開しているようです。

ノートンが世界のボットスポットに関するデータを公開PCやスマホを操るボットに感染したデバイスは2016年にさらに世界で670万台増加日本ではその6割が東京に集中
セキュリティソフト「ノートン」は、本日、世界中で猛威をふるうマルウェアの一種であるボットについて、「ボットスポット」(注1)のデータおよび分布図を公開しました。

公開されたデータによると、2016年に世界中で新たにボットに感染したデバイスは、2015年と比較し670万台増加したことがわかりました。ハッカーなどの攻撃によりボットに感染したデバイスは攻撃者に乗っ取られて遠隔操作され、迷惑メールの拡散や個人情報の窃盗、クリック詐欺やDDos攻撃と呼ばれるサイバー攻撃など、攻撃者がインターネット犯罪を行う際の踏み台にされてしまいます。デバイス所持者の多くは、自分のデバイスがボットに感染している事実に気づかず、知らぬ間に被害にあったり犯罪行為に加担させられたりしています。

@Press ノートン広報部より

日本の ”ボットスポット” 分布図
https://jp.norton.com/tools/bots/index.html

アイコンをクリックして「2016年度における日本全国のボット数の都道府県別の数値」を見ることができます。
botmap1.jpg

東京のアイコンをクリックするとポップアップ表示され、日本におけるボット数の割合は60.92%。
botmap2.jpg

大阪は10.21%。
botmap3.jpg
香川は0.77%で
botmap4.jpg
表示されるのは「この地図には、日本においてボットの数が約0.5%以上の都道府県のみを表示しているため、表示されていない地域もあります。」とのことです。

都道府県別ボット数ランキングトップ10はこんな感じで
botmap5.jpg
日本のボットスポット分布概要は

世界ランキング36位
ボットに感染している疑いのあるデバイス数において日本は世界ランキング36位
ボットスポットの6割が東京に集中
日本国内でボットに感染している疑いのあるデバイスの6割が東京に存在します
日本のIoTデバイスに対する攻撃は世界ランキング9位(2015年~2016年)

とのことです。




人気ブログランキングへ

日本損害保険協会発表「最新都道府県別危ない交差点ワースト5」

日本損害保険協会は、最新都道府県別危ない交差点ワースト5を見ることが出来る「事故多発交差点(平成28年データ準拠)」ページを公開、東京都は「熊野町交差点」、愛知県は「高岳交差点」がワースト1位だったようです。

最新都道府県別危ない交差点ワースト5を発表
~ドライバー向け安全度チェックページを新設~

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:原 典之)では、交差点での交通事故防止・軽減を目的として、9月21日(木)から始まる「秋の全国交通安全運動」に合わせ、全国地方新聞社連合会および警察庁の協力を得て、当協会ホームページの「全国交通事故多発交差点マップ」について、最新の2016年データを発表します。このマップは、人身事故の50%以上が交差点や交差点付近で発生していることに着目し、2008年から毎年発表しています。

日本損害保険協会ニュースリリースより

日本損害保険協会 - SONPO | 事故・災害・犯罪の防止・軽減 - 事故多発交差点(平成28年データ準拠)
http://www.sonpo.or.jp/efforts/reduction/kousaten/kousatenmap28/

地図をクリック、またはドロップダウンで見たい
都道府県を選択。
2017sonpkousaten1.jpg
交通事故状況や年代別事故状況を見ることができ
2017sonpkousaten2.jpg
ページをスクロールすると平成28年のワースト交差点5箇所を見ることができます。
2017sonpkousaten3.jpg

ワースト交差点をクリックすると交差点の形状・特徴・通行状況や事故の主な要因
2017sonpkousaten4.jpg
事故類型別件数、地図を見ることができます。
2017sonpkousaten5.jpg

愛知県のワースト交差点5箇所。
2017sonpkousaten6.jpg
大阪府のワースト交差点5箇所はこんな感じで
2017sonpkousaten10.jpg
「交差点通行時の安全度をチェックしてみる」をクリックすると
2017sonpkousaten8.jpg
「模範ドライバー」・「標準ドライバー」・「要注意ドライバー」のどれに当てはまるかチェックできるようです。

「交差点での様々な事故をイラスト付き解説で見る」をクリックすると一般的に起こりやすい事故のパターンや
2017sonpkousaten9.jpg
追突事故のパターン、巻き込み事故のパターンなどをイラスト付きで見ることができます。




人気ブログランキングへ

宝くじ公式サイト公開、2017年「サマージャンボ宝くじ」「サマージャンボミニ1億円」 の都道府県別高額当選本数

宝くじ公式サイトは、先日当選番号が発表された2017年「サマージャンボ宝くじ」と「サマージャンボミニ1億円」 の都道府県別高額当選本数を公開しているようです。

「サマージャンボ宝くじ」「サマージャンボミニ1億円」都道府県別 高額当せん発生本数
http://www.takarakuji-official.jp/fb_images/sj2017_tousen.html

2017年「サマージャンボ宝くじ」と「サマージャンボミニ1億円」の合計とそれぞれの都道府県別高額当選本数と見ることができます。
2017summerjumbo1.jpg

2017年「サマージャンボ宝くじ」と「サマージャンボミニ1億円」合計の都道府県別高額当選本数。。
2017summerjumbo2.jpg

2017年「サマージャンボ宝くじ」の都道府県別高額当選本数。。
2017summerjumbo3.jpg

2017年「サマージャンボミニ1億円」の都道府県別高額当選本数。。
2017summerjumbo4.jpg





人気ブログランキングへ

1950年から各年代のテレビとその年代の家電を振り返る「パナソニック テレビと家電の歴史」

パナソニックの「テレビと家電の歴史」ページで、日本初のテレビ本放送がスタートした1950年台から各年代のテレビやその時代の家電、出来事などを見ることができるようです。

パナソニック テレビと家電の歴史 | テレビ ビエラ | Panasonic
http://panasonic.jp/viera/history/

見たい年代をクリックして各年代のパナソニックのテレビや家電、出来事を見ることができます。
panasonictvhistory1.jpg

日本初のテレビ本放送がスタートした1950年代をクリックすると
panasonictvhistory2.jpg
1952年に誕生した松下電器製第1号機白黒テレビや
panasonictvhistory3.jpg
1957年ナショナル14形ポータブル、1958年ナショナル14形テーブル
panasonictvhistory4.jpg
同年代の家電
panasonictvhistory5.jpg
主な出来事を見ることができます。
panasonictvhistory6.jpg

1960年代は「業界初のカレーテレビ誕生」。
panasonictvhistory7.jpg

1970年代は「クイントリックス」発売。
panasonictvhistory8.jpg

1980年代は音声多重放送対応テレビ「魁」発売。
panasonictvhistory9.jpg

1990年代は「BS内蔵フラット大画面テレビ画王」が発売され、同年代の家電はこんな感じ。
panasonictvhistory10.jpg

2000年代は「薄型プラズマテレビVIERA」が誕生、同年代のCMも見ることができます。
panasonictvhistory11.jpg

その他に「テレビ今昔比較」や
panasonictvhistory12.jpg
「なつかしのテレビCM集」なども見ることができます。
panasonictvhistory13.jpg





人気ブログランキングへ

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»