FC2ブログ

プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

攻殻機動隊S.A.C.の「タチコマ」をモチーフにしたWeb媒介型攻撃対策ソフトウェア「タチコマ・セキュリティ・エージェント (タチコマSA)」無償配布

 株式会社KDDI総合研究所、株式会社セキュアブレインや国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)など8つの企業、大学、機関は、攻殻機動隊S.A.C.の「タチコマ」をモチーフにしたWeb媒介型攻撃対策ソフトウェア「タチコマ・セキュリティ・エージェント (タチコマSA)」を無償配布、Goolge Chromeにインストールして利用することができるようです。

タチコマたちが並列化してサイバー攻撃に対応するソフト無償配布、「WarpDrive」プロジェクトが実証実験
 株式会社KDDI総合研究所や国立大学法人横浜国立大学など8社・機関が取り組むウェブ媒介型サイバー攻撃対策プロジェクト「WarpDrive(Web-based Attack Response with Practical and Deployable Research InitiatiVE)」が1日、ユーザー参加型の実証実験を開始すると発表した。アニメ「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズに登場するキャラクター「タチコマ」をモチーフとして開発したセキュリティソフト「タチコマ・セキュリティ・エージェント(タチコマSA)」の無償配布を同日、開始した。ユーザーのウェブブラウジングを観測し、サイバー攻撃を検知・ブロックする機能を備えている。現在、WindowsおよびmacOSのGoogle Chromeのみに対応しており、WarpDriveのポータルサイトからインストールできる。

INTERNET Watchより

WarpDrive
https://warpdrive-project.jp

「タチコマSA」の機能は

(1)ユーザのWebブラウザの中でWeb媒介型攻撃の観測・分析を行い、
(2)攻撃検知時には悪性Webサイトの閲覧をブロックし、
(3)ユーザに警告やアドバイスを行います。さらに、インターネット上に分散したタチコマSAたちが、
(4)並列化(情報集約・横断分析・新機能展開等)を繰り返し、最新のWeb媒介型攻撃に対応します。

とのことで「タチコマをインストール」をクリックし
tachikomasa1.jpg
利用規約の一番下にある3つのチェックボックスにチエックして「利用規約に同意する」をクリック。
tachikomasa2.jpg
OSを選択してインストールファイルをダウンロード、実行してGoogle Chromeにインストールできます。
tachikomasa3.jpg

またはChrome ウェブストアの「タチコマSAブラウザ拡張」からインストールできます。
tachikomasa4.jpg

インストールすると新しいタブで利用規約が表示されるので「利用規約に同意する」をクリックして利用スタート。
tachikomasa5.jpg

閲覧中に「タチコマSA」のアイコンをクリックするとWebサイトを分析することができ
tachikomasa6.jpg
「ページを解析する」をクリックするとWebページの構造を見ることができます。
tachikomasa7.jpg

悪性サイトブロックが機能するとこんなメッセージが表示されるようです。
tachikomasa8.jpg

新しいタブを開くと頻繁にアクセスするサイトなどが表示されます。
tachikomasa9.jpg
「DASHBOAD」ボタンからプロジェクトへの貢献度や閲覧時間上位のサイトと閲覧時間、1週間や1ヶ月など期間別の閲覧ページ数やブロックページ数などを見ることができ
tachikomasa10.jpg
「HISTORY」で履歴を、「SETTINGS」でニックネームや新しいタブの背景画像やプライバシー設定
tachikomasa11.jpg
ブロック機能のホワイトリストなどを設定できます。

Web媒介型攻撃とは

典型的なWeb媒介型攻撃(図4)では、攻撃の起点となる入口サイトにユーザがアクセスすると、中継サイトを経由して攻撃サイトに転送(リダイレクト)され、最終的にマルウェア(不正プログラム)がユーザのコンピュータに感染します。Web媒介型攻撃ではユーザのWebアクセスを発端に攻撃が発生するため、ダークネット観測など従来の受動的な攻撃観測手法ではその脅威を捉えられません。また、広大なWeb空間から悪性サイトを見つけ出すためには多くの課題があり、効果的かつ効率的に悪性サイトを検出する技術の研究開発が求められています。

Web媒介型サイバー攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」の実証実験開始について | 株式会社KDDI総合研究所より)とのことです。



関連記事

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://caroccyblog.blog9.fc2.com/tb.php/2911-05e1e48e

 | ホーム |