プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

JAFの「後席シートベルト着用有無による衝突実験」

JAFは、後席シートベルト着用有無による衝突実験を行い、結果の資料や映像を公開しているようです。

後席シートベルト非着用時の危険性について~自動車の衝突実験結果をホームページに公開~
JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代隆義)は、後部座席(以下、後席)でのシートベルト着用有無による衝突実験を行い、その結果を5月16日よりホームページに公開しました。

後席でのシートベルト着用は2008年に義務化されたものの、一般道路における後席のシートベルト着用率は36%と未だに低い状況です(着用率は、2016年の警察庁とJAF合同調査による)。

そこで、座席にダミー人形(以下、ダミー)を乗せた車をバリア(障壁)に衝突させ、ダミーの挙動と頭部傷害基準値(HIC※1)を計測。後席でシートベルトを着用する重要性を検証しました。

JAFニュースより

後席シートベルト非着用時の危険性 | JAFチャンネル
http://movie.jaf.or.jp/details/188.html

上記リンクを開くと衝突実験映像を見ることができます。
jafkousekisb1.jpg

実験は、運転席側後席だけシートベルト非着用で
jafkousekisb2.jpg
時速55kmで衝突したときの挙動とHIC(頭部傷害基準値)を計測。
jafkousekisb3.jpg

シートベルトをしていないダミーは「前方に投げ出され、運転席のヘッドレストに頭を打ち付け、さらにシートごと運転席ダミーを押しつぶした。」
jafkousekisb4.jpg

シートベルトをしていたダミーは「シートベルトで上体をしっかり拘束され、投げ出されることはなかった。」
jafkousekisb5.jpg

テストの結果、シートベルトをしていなかったダミーはHIC(頭部傷害基準値)が2192で「HICが2000を超えると、死亡や重傷につながる致命的な頭部損傷を負う危険性が高くなる。」とのこと。
jafkousekisb6.jpg
押しつぶされた運転席のダミーはHICが1171で「頭蓋骨骨折などのリスクがある。」とのことです。

後席シートベルト非着用時の危険性」ページで実験結果をまとめた資料を見ることができます。
jafkousekisb7.jpg




関連記事

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://caroccyblog.blog9.fc2.com/tb.php/2656-98779a18

 | ホーム |