プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

浸水想定区域や大規模盛土造成地もマップで確認できる国土交通省の「身の周りの防災に役立つ情報をまとめて閲覧」

国土交通省は、浸水想定区域や地すべり危険箇所、大規模盛土造成地などを地図で確認できるWebサイト「身の周りの防災に役立つ情報をまとめて閲覧」を公開しているようです。

国土交通省、大規模盛土造成地マップを公開
国土交通省は21日、同省が運営するハザードマップポータルサイトの「防災に役立つ地理情報」に、地方公共団体の一部が公表している大規模盛土造成地マップを掲載すると発表した。


阪神・淡路大震災や東日本大震災等において、谷や沢を埋めた造成宅地又は傾斜地盤上に腹付けした大規模な造成宅地において、盛土と地山との境界面や盛土内部を滑り面とする盛土の地滑り的変動(滑動崩落)が生じ、造成宅地における崖崩れ又は土砂の流出による被害が発生している。


このため、都道府県や市町村では、地震時等に滑動崩落の可能性がある大規模盛土造成地について調査を行うとともに、抽出された盛土造成地について「大規模盛土造成地マップ」として公表を進めている。

今回、東京都、埼玉県さいたま市、愛知県岡崎市の3団体の情報を掲載。他の地方公共団体についてもデータが準備でき次第、順次掲載していく予定。

マイナビニュースより

身の周りの防災に役立つ情報をまとめて閲覧 | 国土交通省ハザードマップポータルサイト
http://disaportal2.gsi.go.jp/hazardmap/mrd

ページを開くとこんな感じで「大規模土地造成地」の地図が表示されます。
gsihazardmap1.jpg
「大規模土地造成地」は今のところ東京都、さいたま市、
愛知県岡崎市の情報のみ見ることが出来るとのことです。

左側の「浸水想定区域」にチェックするとこんな感じで
gsihazardmap2.jpg
右クリックすると住所等がポップアップ表示されます。

「土石流危険渓流」。
gsihazardmap4.jpg

「道路冠水想定箇所」で見たい都道府県を選択すると想定箇所にアイコンが表示されます。
gsihazardmap7.jpg

地図上部の「作図」ボタンからポイントやラインの追加を
gsihazardmap5.jpg
「計測」ボタンで距離を計測できるようです。
gsihazardmap6.jpg


 

 

 

 
関連記事

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://caroccyblog.blog9.fc2.com/tb.php/2283-c53d5389

 | ホーム |