プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Google Chromeの拡張「FireShot - ウェブページのスクリーンショットをキャプチャ」

Webページの全体や見えているところをキャプチャし、
保存できるGoogle Chromeの拡張「FireShot - ウェブ
ページのスクリーンショットをキャプチャ」をインストール
して使ってみました。

Chrome ウェブストア - FireShot - ウェブページのスクリーンショットをキャプチャ
https://chrome.google.com/webstore/detail/capture-webpage-screensho/mcbpblocgmgfnpjjppndjkmgjaogfceg

インストールするとアイコンが表示され、クリックして
ページ全体や見える範囲などをキャプチャできます。
chromefireshot1.jpg
ページ上で右クリックしてもキャプチャを選択できます。
chromefireshot2.jpg

「ページ全体をキャプチャして」をクリックして「保存」
を選択、クリック。
chromefireshot3.jpg
シャッター音がしてページがキャプチャされ、保存する
フォルダと形式を選択。
chromefireshot4.jpg

「Yes」をクリックすると保存したフォルダが開き
chromefireshot5.jpg
「Remenber my choice」にチェックすると保存フォルダ
を記憶します。

JPGで保存したファイルを開くとこんな感じです。
chromefireshot6.jpg


PDFで見える範囲を保存はこんな感じ。
chromefireshot7.jpg


「編集」をクリックすると「Try Fireshot Pro!」が
表示され(FireShot Proは有料)
chromefireshot8.jpg
「No,thank you」をクリックするとテキストや矢印などを
書き込むことができる「編集」ウインドウが開きます。
chromefireshot9.jpg


「印刷」をクリックすると印刷プレビューが表示され
chromefireshot15.jpg
「クリップボードにコピー」をクリックするとクリップ
ボードにコピーされます。


「外部エディタで開く」をクリックしてプログラムを
選択。
chromefireshot16.jpg
キャプチャすると設定したプログラムが起動します。


「選択された範囲をキャプチャして」を選択するとドラッ
グした範囲をキャプチャでき
chromefireshot14.jpg
「ブラウザウィンドウをキャプチャして」を選択すると
ブラウザ全体をキャプチャできます。


設定を開きキャプチャの「セットアップをクリック」
ボタンをクリック。
chromefireshot10.jpg
「Play sound・・・」のチェックを外すとキャプチャ時の
シャッター音を無効にでき、ドロップダウンでキャプチャ
サイズを設定できます。

エディタオプションの「セットアップをクリック」ボタン
から作業フォルダの設定や
chromefireshot11.jpg
「Capturing」でファイル名の命名規則を設定でき
chromefireshot12.jpg
「 %t 」に設定すると
chromefireshot13.jpg
ファイル名がページタイトルだけになります。



関連記事

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://caroccyblog.blog9.fc2.com/tb.php/1683-f5db6a24

 | ホーム |