FC2ブログ

プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

USBメモリ暗号化ソフト「USBのセキュリティ」

USBメモリを暗号化しようと検索したら、Windows7の
Ultimate と Enterpriseエディションにはドライブや
フォルダを暗号化する「BitLocker to Go」が標準で備え
られているようです。

BitLocker ドライブ暗号化 - Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/products/features/bitlocker

残念ながら使っているのがHome Premiumなので、USB
メモリ暗号化ソフト「USBのセキュリティ」をインストール
して試してみました。

USBメモリにパスワードによる保護機能を追加「USBメモリのセキュリティ」
 「USBメモリのセキュリティ」は、通常のUSBメモリに本ソフトがインストールされていない環境でも動作する、パスワードを入力しないとファイルを表示できない“保護領域”を追加できるソフト。Windows XP/Vistaに対応しており、非商用の個人利用に限り無償で利用可能。現在、作者のWebサイトからダウンロードできる。なお、本ソフトが対応しているのは容量が4GBまでのUSBメモリで、4GB以上のUSBメモリに保護領域を追加したい場合はシェアウェアの上位版を購入する必要がある。

窓の杜より

KASHU-USBメモリのセキュリティ Ver.3
http://kashu-sd.co.jp/products/usbenter.html

ダウンロードボタンがいくつも並んでいますが一番下の
「無料」をクリックしてダウンロードしました。
「無料」は4GBまでのUSBメモリなどいくか使用制限があり
ます。

ダウンロードしたファイルを解凍し「UsbEnter_Setup.exe」
をクリックしてセットアップ。
usbsecrity1.jpg

インストール完了後起動するとこんな感じです。
usbsecrity2.jpg
「OK」をクリックすると接続してあるUSBメモリが表示さ
れます。
usbsecrity3.jpg
「インストール」をクリックすると「USBのセキュリティ」
がUSBメモリの中にインストールされます。
usbsecrity4.jpg
中のデータはすべて消去されるので、インストール前に
データを待避しておいた方が良いです。

「OK」をクリックするとパスワードと暗号化の設定が表示
されるので入力、選択して「OK」。
usbsecrity6.jpg


インストールが完了するとUSBメモリは保護状態になり
ます。
USBメモリを開き「UsbEnter.exe」実行すると解除ツール
が開きます。
usbsecrity8.jpg
パスワードを入力し解除するとデータの読み書きができる
ようになります。
usbsecrity9.jpg
パスワード欄にマウスカーソルを合わせると設定した
ヒントがツールチップで表示されます。


USBメモリの取り外し実行時に自動的に暗号化や
パスワードでロックされるとのことです。

実際に別のパソコンにつないでみるとロックがかかって
いました。
usbsecurity10.jpg
開いてみると
usbsecurity11.jpg
3つのファイルしか表示されませんでした。
「UsbEnter.exe」を実行、パスワードを入力して解除する
と中のファイルを見ることができます。


インストール時のヒントに書かれていた「安全な取り外し
ツールのコピー」を実行してみました。
usbsecurity15.jpg

実行するとUSBメモリ内に「UsbExit.exe」とautorunファ
イルが作れれます。
usbsecurity16.jpg

「UsbExit.exe」を実行すると「安全な取り外しツール」
が開きます。
usbsecurity17.jpg

「保護領域を隠す」をクリックするとUSBメモリが保護
状態になり、解除しないと読み書きできなくなります。

「安全な取り外し」はWindowsの安全な取り外しが実行さ
れ、USBメモリを取り外すことができます。


USBメモリから「USBのセキュリティ」を削除するには、
USBメモリを接続した状態で「USBのセキュリティ」を起動
し「操作」-「アンインストール」を実行して削除することが
できます。
中のデータは消えてしまうのでコピーしてから実行した
方が良いです。


USBメモリも大容量化しているので無料版の4GBでは
カバーできないものが多いかもしれません。
有料版の価格は以下の通り。
usbsecurity18.jpg
8GBまでのUSBメモリで利用出来る「++版」は1,980円。
16GBのUSBメモリまで利用出来る「#版」は3,980円。
16GBを超えるUSBメモリで利用出来る「##版」は
4,980円とのことです。




人気ブログランキングへ

 | ホーム |