FC2ブログ

プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

JAF公開、タイヤチェーンの種類別に雪道の急坂を上れるか検証

 JAFは、金属チェーン(亀甲型)(はしご型)、非金属チェーン(ウレタン系)のタイヤチェーンの種類別に雪道の急坂を上れるか検証、動画も見ることができます。

タイヤチェーンで雪道の急坂を上れるか検証
JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 藤井 一裕)は、降雪時期を前にタイヤチェーン別の登坂性能を検証し、その結果をホームページに公開しました。

これからの季節、急な降雪や積雪で慌てないために、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを備えておく必要があります。
タイヤチェーンには金属や非金属、さらにその中でも様々な種類がありますので、それらのタイヤチェーンは急坂を登りきることができるのかその種類別に検証しました。

JAFより

あなたのチェーンは急坂を上れますか?(JAFユーザーテスト) | JAF
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/snow/tire-chain-climbing

テスト内容は、①金属チェーン(亀甲型)、②金属チェーン(はしご型)、③非金属チェーン(ウレタン系)の3種類のタイヤチェーンで全長50mの坂道を登れるか。
jafchain1.jpg

勾配15%と勾配20%をそれぞれ3回実施。
jafchain2.jpg
結果は

勾配20%の坂道では、金属チェーン(亀甲型)のみ上りきることができたが、金属チェーン(はしご型)と非金属チェーン(ウレタン系)は坂道の途中でスリップし、上りきることができなかった。

とのことです。

JAFチャンネル「あなたのチェーンは急坂を上れますか?」 ページで
jafchain3.jpg
検証の様子を
jafchain4.jpg
動画で見ることができます。
jafchain5.jpg


  

  

  


人気ブログランキングへ

JAFが検証、車のエアコン「内気循環」と「外気導入」どっちがいいの?

 JAFは、ドライブ中のエアコンは「内気循環」と「外気導入」どっちがいいのか検証、結果を公開しました。

「内気循環」と「外気導入」どちらがいいの? 走行した際の車内環境の違いについて検証
 JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代隆義)は、ドライブ中の車内環境について検証を行い、その結果を5月17日(金)にホームページに公開しました。

今回の実験は車の空調を「内気循環」にするか「外気導入」にするか悩むドライバーは意外と多いのでは、と考え、二酸化炭素(CO2)や一酸化炭素(CO)、酸素(O2)などの濃度を計測できる「空気環境測定器」(右下写真)を車内に設置し以下のテストを実施しました。

JAFニュースより

ドライブ中で、空調は「内気循環」「外気導入」どちらがいいの?
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail7.htm

テストは同じ車両2台を「内気循環」車と「外気導入」車に分けてそれぞれ4人乗車。
jafaircon1.jpg
エアコンをオート26度に設定し、走行中の二酸化炭素、酸素濃度など車内の空気の質と花粉の量を空気環境測定器で測定、とのことです。
jafaircon2.jpg

高速道路での二酸化炭素と酸素の濃度はそれぞれこんな感じで
jafaircon3.jpg
”内気循環で走行した車の二酸化炭素濃度が最大で4,520ppmとなった。また、外気導入で走行した車においては、トンネル内で走行していると、排ガスの影響もあり一時的にCO2やCOの数値が高くなることもあった。”とのこと。

郊外・山道では”内気循環で走行した車のCO2の濃度が最大で4,730ppmとなった。”。
jafaircon4.jpg

市街地では”内気循環で走行した車のCO2の濃度が最大で6,770ppmとなり、外気と比べて約5.5倍の数値となった。”。
jafaircon5.jpg
結果は、外気導入でCO2の濃度は常に1,000ppm前後でしたが、内気循環では最大で6,770ppm(市街地)で東北大学大学院医工学教授の永富良一氏は「いくつかの研究報告によるとCO2の濃度が3,000ppmを超えると、疲労感の増加や注意力の低下、さらに、眠気や頭痛を訴える人が増加します。短時間では問題がないという結果もあるので一概には言えませんが、CO2が増えるほど影響が大きくなるのは明らかなので、運転中はできるだけ外気導入にするか、最低でも1時間に1回は喚起するといいでしょう。」とのことです。

花粉は
jafaircon6.jpg
”花粉の量については花粉を確認することができたが、わずかな量しか確認することができなかった。最近のエアコンフィルターはある程度花粉を除去できるため、外気導入でも花粉を心配する必要はあまりなく、衣類に付着した花粉や乗降時に車内に付着した花粉を除去した方が重要だと思われる。”とのことです。




人気ブログランキングへ

JAF高齢運転者応援サイト「エイジド・ドライバー総合応援サイト」に2つのトレーニングを追加し公開

 JAFは、以前ブログに書いた「目や認知機能のチェック、トレーニングができる「JAF エイジド・ドライバー総合応援サイト」」に「いろ・よみ識別力トレーニング」と「イラスト記憶力トレーニング」の2つのトレーニングを追加、公開しているようです。

JAF 高齢運転者応援サイト
http://jaf-senior.jp/

「公開した2つのトレーニングは加齢とともに低下してしまう“認知機能”について、自身の状況を意識してもらうためのものです。」とのことで
jafageddriver2-1.jpg
ページをスクロールすると追加された「いろ・よみ識別力トレーニング」と「イラスト記憶力トレーニング」が表示されます。
jafageddriver2-2.jpg

「いろ・よみ識別力トレーニング」は表示された文字の「いろ」か「よみ」を答えるトレーニングで
jafageddriver2-3.jpg
「該当する色のマスを制限時間内に選択することで、色の識別、注意力、思考の柔軟性などをトレーニングします。」とのことです。
jafageddriver2-4.jpg

「イラスト記憶力トレーニング」はイラストを制限時間内に覚え、別の簡単な作業を行ったあとにイラストの間違いクリックするトレーニング。
jafageddriver2-5.jpg
「記憶力、認知力等のトレーニングを行います。」とのことです。
jafageddriver2-6.jpg





人気ブログランキングへ

JAF調査「信号機のない横断歩道」の車の一時停止率、最も高かった長野県は58.6%

 JAFは、「信号機のない横断歩道」で歩行者が渡ろうとしている場面での一時停止率の調査を実施し、都道府県別の結果を公開したようです。

「信号機のない横断歩道」の車の一時停止率は8.6% ~前年から0.1ポイントの増加に留まる~ 一時停止率が最も高かったのは「長野県」
 JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代隆義)は8月15日(水)~9月13日(木)に「信号機のない横断歩道」における歩行者優先についての実態調査を全国で実施し、その結果を公開しました。

■一時停止率8.6%。依然として9割以上のクルマが止まらない

 調査は各都道府県2箇所ずつ、全国合計94箇所で信号機が設置されていない横断歩道を通過する車両を対象(11,019台)に行ったところ、歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止した車はわずか948台(8.6%)という結果となりました。前年の調査時と比べて0.1ポイントの増加に留まり、依然として9割以上のクルマが止まらない結果となりました

JAFニュースより

JAF|信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/crosswalk/index.htm

調査は「各都道府県2箇所ずつ(全国合計94箇所)の信号機が設置されていない横断歩道
※センターラインのある片側1車線道路で、原則(箇所により例外あり)として、調査場所の前後5m以内に十字路及び丁字路交差点がない箇所で、道路幅員が片側2.75m~3.5m、交通量が3~8台/分(目安)とし、制限速度が40~60km/h程度の箇所」とのことで
2018jafcrosswalk1.jpg
全国平均は前年から0.1ポイント増加の8.6%。
2018jafcrosswalk2.jpg

各都道府県の一時停止率はこんな感じで
2018jafcrosswalk3.jpg
1位は長野県の58.6%、2位静岡県39.1%、3位石川県26.9%と中部地方は一時停止率が高いようです。
2018jafcrosswalk4.jpg

前年6月に実施した「信号機のない横断歩道に関するアンケート調査(2017年6月)」で一時停止しない理由などを見ることができ
2018jafcrosswalk5.jpg
「自車が停止しても対向車が停止せず危ないから」「後続から車がきておらず、自車が通り過ぎれば歩行者は渡れると思うから」
「横断歩道に歩行者がいても渡るかどうか判らないから」
などが上位になっています。




人気ブログランキングへ

高速道路の逆走 " 66%が65歳以上のドライバー " NEXCO東日本の「家族みんなでなくそう逆走」プロジェクト

 NEXCO東日本は、「家族みんなで なくそう逆走」プロジェクトをスタート、高速道路の逆走のうち " 66%が65歳以上のドライバー "とのことです。

NEXCO東日本、「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクト始動!
 NEXCO東日本は、高速道路での逆走を防止するために、高齢ドライバーを含む全世代に向けた、路面標示や矢印板等のハード対策、逆走してしまった際や逆走車情報を見聞きした際にとるべき行動の理解促進プロジェクトを継続実施しております。今回、高速道路での逆走のうち66%が65歳以上のドライバーによるものという事実に着目し、これまでの対策・プロジェクトに加え、「高齢ドライバーの高速道路での逆走」を防ぐための新プロジェクトを始動いたします。

NEXCO 東日本 お客さまへの大切なお知らせより

家族みんなでなくそう逆走|NEXCO東日本
https://www.e-nexco.co.jp/family_nakusogyakuso/

”「高齢ドライバーの高速道路での逆走」を、高速道路を運転する高齢ドライバーのみの問題とするのではなく、「自分の親や祖父母にも起こりえること」として捉え、高齢ドライバーのご家族に関心を持っていただくことで、逆走防止につなげていくプロジェクトです。”とのことです。
e-nexcogyakusou1.jpg

「家族みんなで逆走を知ろう」では高速道路の逆走のうち"66%が65歳以上のドライバー"などの実態を
e-nexcogyakusou2.jpg
「家族みんなでチェックしよう」では高齢者の運転を家族や同乗者がチェックするチェックリストを
e-nexcogyakusou3.jpg
「家族みんなを逆走から守ろう」では逆走のチェックリストを見ることができます。
e-nexcogyakusou4.jpg

逆走にご注意を―無くそう逆走―」ページでは、逆走防止啓発CMや逆走が起きやすいポイント
e-nexcogyakusou5.jpg
「逆走車を見かけたら」「逆走情報を見聞きしたら」「逆走してしまったら」「行き先を間違えたり、行き過ぎてしまったら」などを見ることができます。
e-nexcogyakusou6.jpg





人気ブログランキングへ

 | ホーム |  次のページ»»