プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

地図をクリックするだけ分かる「日の出日の入時刻方角マップ」

地図上のマーカーを移動したりクリックするだけでその場所の日の出日の入の方角や時刻が分かる「日の出日の入時刻方角マップ」というWebサイトがあるようです。

日の出日の入時刻方角マップ
http://hinode.pics/

ページを開くとこんな感じで
hinodemap1.jpg
緑色のマーカーのある場所の日の出日の入の方角が赤い線で、時刻が右上に表示されます。
hinodemap2.jpg

調べたい場所をクリックしてその場所の方角、時刻を見ることができ
hinodemap3.jpg
カレンダーをクリックしてその日の方角、時刻を調べることができます。
hinodemap4.jpg

カメラのアイコンをクリックすると投稿された画像がポップアップ表示され
hinodemap5.jpg
「詳細を見る」から撮影場所や撮影日時など詳細を見ることができます。
hinodemap6.jpg

右上の「月の出」をクリックすると
hinodemap7.jpg
日の出マップ同様、任意の日にち、場所の月の出・月の入りの方角と時刻を見ることができます。




人気ブログランキングへ

「記念艦三笠」内部のストリートビュー

公益財団法人 三笠保存会は、神奈川県横須賀市にある「記念艦三笠」の司令塔や展示室など内部を見ることが出来るストリートビューを公開しているようです。

ストリートビューを公開します

記念艦三笠のストリートビューを公開します。

これは氷川丸等のストリートビュー制作で実績のある(株)ブリッヂに依頼したもので三笠艦内を実際と同様にご覧いただくことができます。特に士官室、操舵室等は中央からの360度の光景をご覧いただけます。

また右端の階層表示を選択することにより直上、直下の甲板に移動することも出来ます。

公益財団法人 三笠保存会お知らせ一覧より

記念艦三笠 - Google マップ
https://www.google.com/maps/@35.2845649,139.6738937,3a,77.2y,33.6h,96.25t/data=!3m7!1e1!3m5!1s-jMiCQf3YPkM%2FWW8Kbpz7YwI%2FAAAAAAAG6Cs%2FItVNlOpoWY4BlrC5qixaXRy_d6kc9dC6ACLIBGAYYCw!2e4!3e12!7i8000!8i4000

ページを開くとこんな感じで
mikasastreetview1.jpg
クリックして艦内に入り、360度見ることができます。
mikasastreetview2.jpg

ページ右下の階数をクリックし
mikasastreetview3.jpg
別の階に移動できます。
mikasastreetview4.jpg
(東郷平八郎連合艦隊司令長官が指揮をとった場所)

司令塔やmikasastreetview5.jpg
士官室
mikasastreetview6.jpg
中央展示室などを360度見ることができます。
mikasastreetview7.jpg





人気ブログランキングへ

「実況!ソーシャル甲子園」甲子園出場各校のツイート量をリアルタイムで計測、可視化

株式会社NTTデータのニュースサイト「イマツイ」は、甲子園出場各校のツイート量をリアルタイムで計測し、可視化した「実況!ソーシャル甲子園」」を公開しているようです。

イマツイが、夏の甲子園出場校に関するツイート量をリアルタイムで計測・中継する「実況!ソーシャル甲子園」を公開
株式会社NTTデータは、イマツイ最新の記事で、第99回全国高等学校野球選手権大会に出場する各校についてのツイート量を、Twitter全量データから計測。甲子園に出場する全49校の話題量をリアルタイムで可視化した「実況!ソーシャル甲子園」を公開します。

「実況!ソーシャル甲子園」では、全49校のツイート量から「話題の多い高校トップ10」を時系列でランキング。ツイート量をまとめたグラフでは、「day(日単位)」、「hour(1時間単位)」、「30min(30分単位)」、「15min(15分単位)」に切り替えることが可能で、細かな時間単位で盛り上がりの様子を計測します。

NTTデータニュースより

『実況!ソーシャル甲子園』この夏、Twitter上の盛り上がりを制する高校はどこか?リアルタイムで計測・中継 | イマツイ | 豊洲発!ツイートから「今」が見えるニュースサイト
http://imatsui.com/seasonal_topics/post_127/

ページを開くとこんな感じで
2017imatsuikoshien1.jpg
「話題の多い高校トップ10」が学校別に色分けされたグラフで表示されます。
2017imatsuikoshien2.jpg

グラフをマウスオーバーすると
2017imatsuikoshien3.jpg
その時間の「話題量トップ10」のランキングを見ることができます。

上部のドロップダウンで日単位、1時間単位、30分単位、15分単位に切替えることができ
2017imatsuikoshien4.jpg
表示したい高校だけを選択してグラフに表示できます。
2017imatsuikoshien5.jpg


 

 

 


人気ブログランキングへ

契約農家で収穫したトマトがジュースになるまで「カゴメトマトジュース VR360°工場見学」

カゴメは、契約農家で収穫したトマトがジュースになるまで360°のぞける「カゴメトマトジュース VR360°工場見学」を8月8日から公開しているようです。

カゴメ株式会社 > カゴメトマトジュース VR360°工場見学
http://www.kagome.co.jp/tomatojuice/vr-factory/

契約農家でのトマトの収穫から工場でトマトジュースが出来るまでを360度見ることができ
kagomevrfactory1.jpg
「動画を再生する」をクリックするとYouTubeの動画が再生されます。
kagomevrfactory2.jpg

トマトを収穫する様子から360度見ることができます。
kagomevrfactory3.jpg

動画の中にはクイズが3問あり
kagomevrfactory4.jpg
「答えはこちら」の方にドラッグすると答えを見ることができます。
kagomevrfactory5.jpg

スマホやタブレットはQRコードを読み取り、表示されるURLから見ることが出来るとのことです。
kagomevrfactory6.jpg





人気ブログランキングへ

難読地名を音声で読み上げ、国土地理院の「地理院地図」

国土地理院の「地理院地図」は、地名をクリックすると読みがながポップアップ表示され、音声で読み上げてくれる実験機能の提供を開始しているようです。

読めない地名も読み上げてくれます ~地名情報を機械判読可能なデータ形式でウェブ提供実験開始~
国土地理院は、8月4日より、整備している地名情報のうち、居住地名、自然地名、公共施設、住居表示住所(※1)について、機械判読可能なデータ形式でのウェブ提供実験を開始しました。
居住地名と自然地名には、地名の「よみ」の情報も含まれています。この情報を活用し、難読地名の読みをひらがなで確認したり、音声として聞き取ることができる地図が実現可能になります。地理教育現場での活用、日本語の地名に不慣れな外国からの旅行者向けしゃべる地図の作成など、地図の利用の幅が広がります。

なお、国土地理院のウェブ地図「地理院地図」にも地名を読み上げる機能を実験として実装(※2)しており、どなたでも確認いただくことが可能です。

国土地理院より

地理院地図
http://maps.gsi.go.jp/#17/35.015477/135.699853/&base=ort&ls=ort%7Cexperimental_nrpt&disp=11&lcd=experimental_nrpt&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

上記リンクを開き地名をクリックすると
chiriinyomi1.jpg
住所や読みがななどがポップアップ表示され、音声で地名を読み上げてくれるます。
chiriinyomi2.jpg
ChromeとSafariで可能、とのことでFirefoxとIE11では読み上げは機能しませんでした。

地名の表示はページ左上の「情報」をクリックし
chiriinyomi7.jpg
「ベクトルタイル提供実験」をクリック。
chiriinyomi8.jpg
「地名情報」の居住地名か自然地名を選択すると地名が表示されます。
chiriinyomi9.jpg

宮城県丸森町覆盆子原。
chiriinyomi3.jpg

東京都足立区舎人。
chiriinyomi4.jpg

大阪府鶴見区放出。
chiriinyomi5.jpg

大分県にある一尺八寸山など
chiriinyomi6.jpg
地名を読み上げてくれます。




人気ブログランキングへ

 | ホーム |  次のページ»»