プロフィール

カロシー

Author:カロシー
はじめまして。
訪問していただき
ありがとうございます。
よかったらコメントと拍手お願いします。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2億4000万年前の日本の都市が地球上のどこにあったか検索できる「 Ancient Earth globe 」

 以前ブログに6億年前の地球の変化を地球儀で見ることができる「 Ancient Earth globe 」を書きましたが、同サイトがバージョンアップし、現在の国や都市が古代地球のどこにあったか検索できるようです。

指定した住所が7億5000万年前どこにあったかを示してくれる3Dマップ。大陸ってこんなに分裂・移動してたんだ…
2億5000万年前ごろに存在していた超大陸パンゲアが分裂と移動を繰り返し、諸大陸は現在の形態になったとされています。今で言う東京やニューヨークも時をさかのぼれば、現在とは全く異なる地形や場所にあったということです。

この3Dマップは、インターネット最大の恐竜データベースDinosaur DatabaseのキュレーターであるIan Websterさんが発明したもの。マップを開くと、三畳紀初期にあたる2億4000万年前、ペルム紀末の大量絶滅から生命が盛り返し、初期の恐竜が現れ始めた時代に設定されています。その当時、地球には巨大なパンゲア超大陸が鎮座しており、現在の景色とは似ても似つかないものでした。

ギズモード・ジャパンより

Ancient Earth globe
http://dinosaurpictures.org/ancient-earth#240

上記リンクを開くと2億4千万年前の地球が表示され
ancientearthglobe2-1.jpg
左上の検索欄に調べたい都市や都道府県名を入力し、表示される候補から選択、クリック。
ancientearthglobe2-2.jpg
2億4千万年前にあった場所が点で表示され
ancientearthglobe2-3.jpg
拡大や
ancientearthglobe2-4.jpg
上部のドロップダウンで別の年代に移動でき、1億500万年前はこんな感じです。
ancientearthglobe2-5.jpg
日本の検索は

ちなみに“日本”は2億4000万年前まで検索できました。

とのことです。

7億5000万年前のニューヨークは、大きな大陸の真ん中にあり
ancientearthglobe2-6.jpg
右側のドロップダウンで「first hominids」や「jurassic」などを選択してもその年代に移動できます。
ancientearthglobe2-7.jpg





人気ブログランキングへ

柴犬に特化したWebサイト「Shiba-Inu Life(柴犬ライフ)」

 rakanu株式会社は、柴犬に特化したWebサイト「Shiba-Inu Life(柴犬ライフ)」を公開しているようです。

rakanu株式会社、柴犬に特化した情報発信メディア「Shiba-Inu Life(柴犬ライフ)」を開始。
rakanu株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山下悟郎)は、2018年6月20日柴犬に特化した情報発信サイト「Shiba-Inu Life(柴犬ライフ)」を開始します。
rakanu株式会社は、フレンチブルドッグ特化型メディア「French Bulldog Life」で培った知見を元に、新たに柴犬特化メディアの「Shiba-Inu Life」をリリースいたしました。

近年、日本でのペット需要は大幅な増加傾向にあり、中でも柴犬は国内だけでなく、海外でも非常に人気が高まっています。
本メディアでは、柴犬ならではの飼い方や病気情報、食事のレシピ、グッズなど様々な情報を発信し、国内外の柴犬オーナー、また柴犬に興味があるユーザーに対して、より深く共感出来る厳選された有益な情報を届けていきます。

PR TIMES rakanu株式会社のプレスリリースより

柴犬(しばいぬ)専門情報メディア|柴犬ライフ [Shiba-Inu Life]
https://shiba-inu.life/

ページを開くとこんな感じで
shibainulife1.jpg
柴犬の動画や
shibainulife2.jpg
「人気柴犬インスタグラマーとも連携」とのことで、柴犬のインスタグラムを紹介。
shibainulife3.jpg

獣医師や実際に柴犬を飼っているライターの記事
shibainulife4.jpg
しつけのHOW TO や病気辞典
shibainulife5.jpg
里親・保護犬、迷子犬情報なども見ることができるようです。




人気ブログランキングへ

川の水位やリアルタイムの画像が見られる「川の防災情報」

 国土交通省のWebサイト「川の防災情報」で全国の川の水位やほぼリアルタイムの画像を見ることができます。

川の防災情報 :全国概況
https://www.river.go.jp/

見たい地域のボタンや雨量分布地図をクリックして地域の雨量分布や1時間前から現在の履歴動画を見ることができます。
kawanobousaijouhou1.jpg

上部メニューの「水位雨量」をクリックして都道府県を選択。
kawanobousaijouhou2.jpg
地図上の三角のアイコンをマウスオーバーして表示される観測地点のリンクをクリックすると
kawanobousaijouhou3.jpg
川の水位の状況と危険度が川の断面図で表示されます。
kawanobousaijouhou4.jpg

上部メニューの「カメラ」をクリックして都道府県を選択し、見たい市町村をクリック。
kawanobousaijouhou5.jpg
地図上のカメラのアイコンをマウスオーバーして表示されるリンクをクリックすると
kawanobousaijouhou6.jpg
川のほぼリアルタイムの画像が表示され、平常時と現在の様子を見ることができます。
kawanobousaijouhou7.jpg

「河川の予警報」で地域をクリックすると
kawanobousaijouhou8.jpg
注意情報が発表されている地域が表示され、リンクをクリックすると
kawanobousaijouhou9.jpg
川の流域の地図や基準観測所の水位、注意情報の発表文などを見ることができます。
kawanobousaijouhou10.jpg





人気ブログランキングへ

Google Earth Voyager の「サッカートリビアクイズ」

 Googleは、Google Earth Voyager で「サッカートリビアクイズ」を公開中、Google Chromeで楽しむことができます。

「クイズ: サッカー トリビア」Google Earth
https://g.co/earth/footballquiz

「さあ、出発!」をクリックしてスタート。
footballquiz1.jpg

三択クイズの解答をクリック。
footballquiz2.jpg
「次へ」で次の問題へ。
footballquiz3.jpg

全7問答えて「スコア」をクリックすると
footballquiz4.jpg
2018年ワールドカップ最終戦が行われる「ルジニキスタジアム」が表示され
footballquiz5.jpg
ストリートビューでウイニングランできます。




人気ブログランキングへ

2018年ザビワカまでW杯マスコットをまとめたインフォグラフィック「ザビワカの先祖たち―サッカーW杯のマスコットの変遷」

 ワールドカップ初のマスコット1966年のウィリーから2018年ザビワカまで、ワールドカップの歴代マスコットをまとめたインフォグラフィック「ザビワカの先祖たち―サッカーW杯のマスコットの変遷」が公開されているようです。

ザビワカの先祖たち―サッカーW杯のマスコットの変遷 - Sputnik 日本
https://jp.sputniknews.com/media-worldcup-2018/201804044745258/

1966年から2018年までのワールドカップ歴代マスコットを見ることができます。
2018wcupmascot1.jpg

1966年イングランド大会はライオンの「ウィリー」で、ワールドカップ初のマスコットとのこと。
2018wcupmascot2.jpg
2018年ロシア大会はオオカミ「ザビワカ」。1970年メキシコ大会「フアニート」、2014年ブラジル大会はアルマジロの「フレコ」。

1974年ドイツ大会「チップとタップ」、2010年南アフリカ大会ヒョウの「ザクミ」。
2018wcupmascot3.jpg
1978年アルゼンチン大会「ガウチート」、2002年日韓大会「アトー、キャズ、ニック」、2006年ドイツ大会ライオンの「ゴレオ06とボールのピッレ」。

1982年スペイン大会はオレンジの「ナランヒート」、1998年フランス大会はガリア雄鶏の「フティックス」。
2018wcupmascot4.jpg
1986年メキシコ大会は唐辛子の「ピケ」、1990年イタリア大会「チャオ」、1994年アメリカ大会は犬の「ストライカー」で”ディズニーによって創り出された”とのことです。




人気ブログランキングへ

 | ホーム |  次のページ»»